岩手県の事業所紹介PRサイト。登録無料!ホームページの制作も無料。

山田生せんべい

山田生せんべい

山田生せんべい」は、岩手県三陸沿岸の山田町で江戸時代後期、南部藩だった頃の保存食を由来として伝わる伝統菓子です。「せんべい」といっても焼く工程はなく、古来より伝わる独自の製造方法で一枚一枚ほぼ手作業で作られています。

色や形状、軟らかい食感など、どれをとっても一般的な「おせんべい」とは異なり、山田の風土で受け継がれてきたオリジナリティがあります。 薄く大きく伸ばされた半生の生地は噛めば噛むほど、素朴な甘さとゴマの風味が口に広がる、一度食べるとクセになる味わいです。「山田生せんべい」は、そのままでお召し上がりいただけますが、オーブントースターで焼いたり、油で揚げても美味しく召し上がれます。

販売者

菓子工房 川最(かわさい)
ホームページはこちら

商品紹介

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

商品紹介

PAGETOP
Copyright © 岩手タウンガイド All Rights Reserved.